農場HACCPとJGAPの認証取得

2016年  7月
農場HACCP認証を受けました。

2017年11月
JGAP認証を酪農業で初認証を受けました。 

 




農場HACCPとは

 HACCPとは【危害要因分析管理手法】という意味で、食品の安全性・健全性・品質を確保する為の科学的管理手法であり、国際的に承認された衛生管理手法です。
 この危害要因分析管理の手法を取り入れ、畜産農場における家畜・畜産物の安全性にかかわる様々な危害(生物学的、科学的、物理的)を防止するための管理ポイントを設定し、継続的に監視・記録することにより食品の安全性を確保、向上させる畜産農場の衛生管理の取組認証基準が農場HACCP認証です。
 また認証を受けた後も定期サーベランスがあり、改善は継続的に行われています。

H=Hazard(危害)         
A=Analysis(分析)
C=Critical(必須・重要)
C=Control(管理)
P=Point(点)
頭文字をとってHACCP(ハサップ、ハセップ)と呼ばれています。
 
※詳しくは下記外部リンク情報をご覧ください。
農林水産省 家畜の生産段階における飼養衛生管理の向上について(農場HACCP等)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_haccp/
公益社団法人 中央畜産会衛生指導部
https://jlia-farm-haccp.jp/index.html
 


JGAPとは

 畜産におけるGAPとは、農業生産活動の持続性を確保するため、食品安全、家畜衛生、環境保全、労働安全、アニマルウェルフェアに関する法令等を遵守するための点検項目を定め、これらの実施、記録、点検、評価を繰り返しつつ生産工程の管理や改善を行う取組のことです。

 JGAP(家畜・畜産物)の審査基準は、持続可能な農場経営への取り組みに重要となる、食品安全を始め、家畜の健康(家畜衛生)や快適な飼育環境への配慮(アニマルウェルフェア)、労働者の安全対策、環境保全など、全部で113にもおよぶ項目があります。

 GAPは農産物の安全性向上や環境保全型農業を実践する手法として、90年代終わりから欧州で普及が進み、NPOとして日本GAP協会が2006年発足され、現在に至ります。
 
G=Good(よい)
A=Agriculutural(農業の)
P=Practice(やり方)
頭文字をとってGAP(ギャップ)と呼ばれています。

※詳しくは下記外部リンク情報をご覧ください。
農林水産省 
農業生産工程管理(GAP)とは
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_summary/index.html
日本GAP協会
https://jgap.jp/